自然災害等への対応

自然災害等への対応について     愛媛県立南宇和高等学校

 

1 自宅待機あるいは公欠扱いについて

 (1)  愛南町に暴風に関する警報又は特別警報が発表された場合

  ア 午前6時以降、愛南町に暴風に関する警報又は特別警報が発表されている場合には、全員自宅待機とする。ただし、

   正午までに暴風に関する警報又は特別警報が解除された場合には、安全を確認し、速やかに登校する。

  イ 正午以降も暴風に関する警報又は特別警報が継続して発表されている場合には、終日自宅待機とする。

  ウ 登校後、愛南町に暴風に関する警報又は特別警報が発表された場合は、状況を判断しその都度指示する。 

 (2)  愛南町外居住の生徒

   (1)の各項については、生徒が居住している市町村に対して準用する。

 (3)  公共交通機関が運休した場合

  ア 午前6時以降、宇和島自動車が岩松営業所以南で全線運休の場合は全員自宅待機とする。ただし、正午までに

   運行再開した場合は、安全を確認し速やかに登校する。

  イ 正午以降も宇和島自動車が岩松営業所以南で全線運休の場合は終日自宅待機とする。

  ウ 最寄りのバス路線が運休の場合は、該当生徒は公欠扱いとする。ただし、正午までに運転再開した場合は、

   安全を確認し速やかに登校する。 

 (4)  校長の判断による自宅待機

   校長の判断で自宅待機とする場合は、緊急連絡網で連絡する。

   (校長→教頭→学年主任→各担任→生徒緊急連絡網) 

 (5)  その他

  ア 登校前または下校後に津波警報が発表された場合、地域の指示に従って行動すること。また、登校後、津波警報が

   発表された場合、地域の指示及び校長の指示に従って行動すること。

  イ 自転車通学生等で、危険が予想される場合は登校を見合わせること。

  ウ 自然災害等が予想される場合には、翌日の早朝課外、早朝練習は中止する。

2 用語

 (1)  暴風に関する警報とは暴風警報、暴風雪警報を言う。

 (2)  特別警報とは大雨特別警報、暴風特別警報、高潮特別警報、波浪特別警報、大雪特別警報、暴風雪特別警報を言う。

 (3)  津波警報は気象庁の定義による津波警報を言う。

                                                                        (H25年10月25日改正)