南光ブログ

サイクリング講習会

10月14日、サイクリング講習会が行われました。

今回は宇和島市にあるイヌガイ自転車さんに講師をお願いしました。

まずは乗り方、手信号、交通法規の確認をして、いよいよ男子マラソンコース

10kmを走行します。

参加者は足に自信のあるサイクリングクラブの8名。

急な坂道も車体から降りることなく走りました。

お天気が良く青空の中、気持ちよく汗をかきました。

四国新人大会出場 壮行会(陸上競技部)

本日、中間考査終了後、四国新人大会(陸上競技部)の壮行会が実施されました。

石崎校長先生と生徒会長の出口君から激励の言葉が贈られ、応援団と全校生徒からエールが贈ら得ました。

陸上競技部の皆さん、南宇和高校の代表として、日頃の練習の成果を存分に発揮してください。

今治・大三島しまなみ研修 事前学習

10月15日から実施される研修の事前学習を行いました。今治北高校大三島分校との交流会の内容や

大三島出身である本校第9代校長である菅菊太郎校長先生のことを学びました。多くの人のおかげで

実施できることに感謝しています。

農業科2年生 野菜の害虫駆除

10月7日、農業科2年生園芸専攻生が、総合実習の時間に、平山農場で栽培しているブロッコリーやハクサイなどに

ついているヨトウムシなどの卵を一つ一つ手で駆除しました。農薬をできるだけ使わない栽培ができるように頑張って

います。

 

 

今治・大三島しまなみ研修 事前学習

10月15日から10月17日に実施される今治・大三島しまなみ研修に参加する生徒9名が、愛南町役場を

訪問し、商工振興課の土居様からふるさと納税の仕組みや寄付額が年々増加していることを教えていただきました。

また、返礼品についてもまだまだ不足していること、1年間楽しめる体験型の観光をどうするかなど課題があることも

わかりました。今度の研修で良い報告ができるようにしたいと思います。

 

 

シーカヤック体験 農業科3年

農業科3年生が、「グリーンライフ」の時間にシーカヤック体験を実施しました。場所は、愛南町が誇る須ノ川海岸。

毎年の恒例の授業となっており、天気も良く、愛南の太陽・海・風を感じる一日となりました。須ノ川事務所でレンタルできますので、休日にチャレンジしてみてはどうでしょうか?

全校集会(表彰伝達と梶川先生講話)

本日の朝に全校集会が実施され、表彰伝達と梶川先生から講話がありました。

講話の中で、梶川先生は、「生徒の皆さんの努力と成果は、成長曲線をたどり、努力の成果が出るまでに時間のかかる人もいる。あきらめずに何度もチャレンジしてほしい」と南宇和高校生にエールを送っていただきました。

 

【広島大学グローバルサイエンスキャンパス(GSC)】最終発表会を終えました!〈3年生 松本偲央里さん〉

研究テーマ【河内晩柑の果皮成分の応用】

 2年次より取り組んでいた広島大学主催のグローバルサイエンスキャンパスの最終発表会に参加しました。松本さんは、地元の特産品である河内晩柑の果皮に含まれる「オーラプテン」に着目し、その認知機能維持効果を調べる研究に取り組みました。研究では精油を採るための水蒸気蒸留や認知機能検査など、本格的な研究活動に挑戦することができ、大変実りある経験を積むことができたようです。

 

 この研究に取り組むにあたって、地域の方々や大学・高校の先生方、ご家族といった多くの人々のサポートを受けながら最後までやりきることができました。本当にありがとうございました!

農業科 みかんジュースコンクール2021 出品

愛媛県が主催している「えひめ笑顔セレクションみかんジュースコンクール2021」に応募しました。

昨年は、初めて愛南ゴールドで特別賞を受賞することができましたが、今年も、入賞を目指して愛南

ゴールドと甘夏を出品しました。まずは、2次審査に進みたいと思っています。

 

   

総合的な探究の時間 中間発表(水産分野1班)

10月1日(金)総合的な探究の時間に愛南未来プロジェクトの中間発表を行いました。水産分野1班は、カツオ・真鯛・

ウニッコリーについて調査・研究中で、歴史・商品開発・交流などを発表しました。年度末の最終報告まで頑張って

もらいたいと思います。

高校生消費者教育講座(2年生)開催

成人年齢引き下げに伴い、若者が被害に遭いやすい悪質商法の手口やクレジットカードに関する知識等について、、生活専門相談員の遠山利恵子先生を講師に迎え、講話をしていただきました。

具体的な事例に基づいたわかりやすい内容の講話でした。

 

はなき農園見学 農業科

9月25日(土)農業科の3名が、御荘和口にある「はなき農園」に栽培・働き方・販売・加工品など

についてインタビューに行ってきました。農業は、栽培だけのしんどい、きつい仕事というイメージ

ですが、加工・営業・販売・SNSなど自分が好きなところ、得意なところで働くことができる

楽しい職業であることを教えていただきました。

 

第3回水産人材育成事業 アマゴ養殖

9月23日(木)第3回水産人材育成事業が実施され、今回は、NPO法人なんぐん市場のアマゴ養殖

について学びました。地域貢献を目標に、シイタケ栽培、アボカド栽培、アマゴ養殖など多くの生業を

作りだしていていること、特に、アマゴの出荷選別・エサやりを体験させていただき、アマゴから

サツキマスへ山から海と愛南の自然を使い、持続可能な町作りに貢献されていることが印象に残りました。

生徒会執行部 2022四国インターハイ卓球in南予 広報活動 

9月20日(月)に、「令和4年度全国高校総体学校推進委員会」のメンバーで、地域環境美化活動を行いました。

「令和4年度全国高校総体学校推進委員会」とは、来年度、四国インターハイが開催され、卓球競技の会場が南予であることを広報し、地域を盛り上げていく活動を行うメンバーのことです。

今回は、道の駅MICにて、1時間程清掃活動を行いました。また、今後四国インターハイの広報活動としてポスターを作成し、それを貼らせていただく交渉も行いました。

コロナ禍による制限などもありますが、今後も学校を地域を盛り上げるために頑張っていきます!

女子ソフトテニス部 南予地区新人戦

9月18日(土)19日(日)に大洲平野運動公園で、南予地区新人戦がありました。

個人戦は、濱本(2年)・清家(1年)ペアがベスト8、和田(1年)・森内(2年)ペアがベスト16で県大会出場権を獲得しました。

団体戦は、1回戦vs川之石高校 不戦勝

     2回戦(準決勝)vs宇和高校 2-0勝利

     決勝vs宇和島東高校 0-2敗北

     結果、2位となりました。

今年度は、部員が3名で、十分に練習ができなかったり、人数が少なく苦しいときもありました。しかし、周囲の支えでなんとか団体戦に参加することができ、部員3名とも持ち味を活かすことができました。

また、県大会も頑張ります。

 

 

県新人3日目結果(陸上競技部)

 本日、県新人大会3日目が行われました。結果は以下の通りです。(TOP8のみ記載)


 2-1 水谷 健太 やり投 41m81 5位
 2-2 大峰 丈 三段跳 12m62 6位
 男子フィールド総合 22点 5位タイ

 四国通過者4名、フィールド総合でTOP8に入るなど、ここ数年で最高の結果を収める事ができました。日頃から保護者・学校・地域の方々に応援や励ましをいただいているおかげです。ありがとうございます。
 今後も秋季陸上や西南陸上といった大会に出場し、経験を蓄えながら四国新人に向けて準備をしていきますので、応援よろしくお願いします!

県新人2日目結果(陸上競技部)

 本日、県新人大会2日目が行われました。結果は以下の通りです。(TOP8のみ記載)
 2-4 山川 舜平 400mH 58″30 4位(四国新人出場)

 本日もそれぞれがベストを尽くして闘ってくれました。大幅にベストを更新したり、自分の実力を出しきれなかったりと内容は様々でしたが、どれも今後につながるものでした。諦めず最後まで前向きに取り組み続けることで着実に強くなってます。残すところあと1日です。疲労もあると思いますが、気持ちで負けず、やりきろう!

 

県新人1日目結果(陸上競技部)

 9月18日(土)~20日(月)の3日間、砥部の愛媛県総合運動公園陸上競技場にて県新人大会が行われました。結果は以下の通りです。(TOP8のみ記載)
 2-1 水谷 健太 ハンマー投 37m53 2位(四国新人出場)
 1-2 菅原 康汰 ハンマー投 36m07 3位(四国新人出場)

 2-4 大森 孔聖 ハンマー投 28m90  7位
 1-1 笛木 桜十一 5000mW 37′32″58 3位(四国新人出場)
 2-4 山川 舜平 110mH 16″62 5位

 初日の結果は素晴らしいものとなりました。ほぼ全員が自己ベスト更新し、練習の成果を十分に発揮してくれました。本日は逆境を跳ね返したり、粘りで勝ち切る場面が多くあり、生徒らの精神的な成長を感じることができました。この流れで明日以降も頑張ろう!

総合的な探究学習の校外活動

本日の総合的な探究学習の時間に農林分野の班は、原田果樹園を訪問して、キウイフルーツの栽培を見学しました。

梅雨明けの干ばつで葉が落ちて心配な点もありましたが、果実はしっかりと成長していました。

キウイの生命力と原田さんの栽培技術の高さに感心しました。

 

 

旧生徒会役員が校長室を訪問

昨年度から生徒会役員として南宇和高校に貢献してくれた旧生徒会役員の皆さんが校長室を訪問し、石崎校長先生に感謝の気持ちを伝えました。

石崎校長先生からは、「コロナ禍の厳しい条件の中で、生徒会の皆さんが中心となって、この南宇和高校を支えてくれたことに感謝しています。ありがとうございました。」と感謝の言葉が贈られました。

 

 

 

野球部、秋季大会地区予選1回戦で宇和島東高校と対戦

9月11日(土)に秋季大会地区予選1回戦が丸山球場で行われました。宇和島東高校と対戦しましたが、序盤の失点が大きく、2-9の7回コールドで敗れました。力の差を痛感しましたが、自分たちが持っている力を出し切ることができました。次の大会までにしっかり鍛えて、レベルアップを図りたいと思います。

モザンビーク選手団交流会 農業科 

 

東京パラリンピックに出場されたモザンビーク選手団の方々と交流会を開くことができました。

今回交流できたのは、ルイス団長さん、陸上のエドミルサさん、イラーリオさんの3名です。

エドミルサさんとは、2019年も交流しており、前回の交流会の話や、おもてなし料理プロジェクトで考えた

愛南ゴールド真鯛のお寿司やしゃぶしゃぶの紹介をしながら楽しい時間を過ごすことができました。

このような機会を作っていただいた愛媛県オリパラ推進室の皆様、本当にありがとうございました。

  

 

 

生徒会日記「南高ぶらぶら探訪」-体育祭編 勝利をつかむために!~立て看板の作成~

体育祭お疲れ様でした!コロナウィルスの影響で、できることが限られていた体育祭でしたが、どのグループも精一杯力をぶつけ合い、学校を盛り上げていました。3年生の皆さんも、高校生活最後の体育祭を楽しめたのではないでしょうか?

生徒会執行部の体育祭インタビューで、最後に紹介するのは、3つのグループを象徴する力強い立て看板です。生徒会執行部では、立て看板が完成する前の修正をしているところにお邪魔させていただきました。

 

◎鳳凰グループ

Q、活動の雰囲気を教えて下さい。

Aみんな仲良く、良い雰囲気で活動をしています。

Q、力を入れていることを教えて下さい。

A、色の選びや配置です。

Q、ここだけの話を教えて下さい。

A、体育館に運ぶときに、立て看板1枚割ってしまいました…

 

 

◎光虎グループ

Q、意気込みを教えて下さい。

A、楽しく作れたので、優勝したいです!

 (実際に光虎グループが優勝しました。)

Q、力を入れていることを教えて下さい。

A、光虎らしいパネルにするため、虎を全面に描いています。

 

 

 

◎蒼龍グループ

Q、活動の雰囲気を教えて下さい。

A、1、2年生も意見を出して、活動しています。

Q、こだわりを教えて下さい。

A、「画竜点睛」の文字通り、あえて竜の目を描かずに仕上げています。

 

 

体育祭が終わったばかりですが、10月には中間考査があります。生徒のみなさんは、今のうちから前もって学習を進めておくようにしましょう。

勉強に 部活動に 気力を!

生徒会日記「南高ぶらぶら探訪」-体育祭編 勝利をつかむために!~衣装係さんの奮闘~

応援合戦を盛り上げる要素の一つである衣装。実はあの衣装、手作りなんです!毎年、グループの雰囲気に合ったかっこいい衣装が応援団のダンスをより華やかにしていますよね。

しかし、実際衣装を製作している現場を知っている人は、少ないのではないでしょうか?

応援合戦を影で支える、縁の下の力持ち的な衣装班は、一体どのように活動しているのでしょうか!?

今回は、被服室で作業されているところを取材させていただきました。

 

〇鳳凰グループ衣装係のみなさん

Q、意気込みを教えてください。

A、女子は可愛らしく、男子はイケメンにします!

Q、雰囲気を教えてください。

A、平和に活動しています。

Q、特に力を入れていることは何ですか。

A、全てに力を注いで製作をしています。

Q、特に見てほしいところはありますか。

A、例年にはない仕上がりなので、注目してほしいです。

 

〇蒼龍グループ衣装係の皆さん

Q、意気込みを教えてください。

A、気合十分で製作します。

Q、雰囲気を教えてください。

A、楽しく真面目に活動しています。

Q、特に力を入れていることは何ですか。

A、カッコよさを求め、曲調に合った仕上がりを目指しています。

Q、特に注目してほしいところはありますか。

A、衣装の柄です。男女で左右対称になっており、文字が半分ずつになっています。

 

 

〇光虎グループ衣装係の皆さん

Q、意気込みを教えてください。

A、デザインを考えるときから、協力して頑張っています。

Q、雰囲気を教えてください。

A、みんな楽しく、和気あいあいとしています。

Q、特に力を入れていることは何ですか。

A、男子の衣装です。

Q、面白いエピソードがあれば教えてください。

A、気合を入れて作っている男子の衣装が、サイズ的に着れなくなりそうです。。。

 

 

9月になりましたが、まだまだ日差しが強く、暑い日が続いています。新型コロナウィルスの対策と同時に、熱中症の対策を心掛け、猛暑を乗り切りましょう!

生徒会日記「南高ぶらぶら探訪」-体育祭編 応援団長インタビュー!

8月25日をもって、生徒会執行部は代替わりしました!

これからは、出口暖大生徒会長を筆頭に、現2年生を中心とした新生徒会執行部で運営を行っていきます!よろしくお願いします!

さて、2学期といえば、待ちに待った一大イベント「体育祭」が行われます!

南宇和高校の体育祭は、「鳳凰」「光虎」「蒼龍」の3グループに分かれ、3年生を中心に全学年が協力し合い、激戦を繰り広げる一世一代の大勝負の舞台です。今年度の栄冠を手にするのは、一体どのグループなのでしょうか!?

今回、生徒会では、各グループが体育祭に向けて一生懸命練習しているところを取材させていただきました。

スタートを飾るのは、力強い太鼓、グループのイメージに合った華やかな音楽で勇ましく、優雅にグループを鼓舞する、応援団の皆さんです!

 応援団長の皆さんにインタビューをしました!写真は、夏休み中の練習風景です。

〇鳳凰グループ応援団長、毛利千洋君

Q、意気込みを教えてください。

A、コロナウィルスによる規制で声が出せない分、見栄えよく応援したいと思っています。

Q、グループの雰囲気を教えてください。

A、グループ長の持ち前の明るさを受け、みんな明るく取り組めています。

Q、特に力を入れていることは何ですか。

A、一人一人が目立ち、全体が楽しくなれるようにすることです。

Q、注目してほしい団員は誰ですか。

A、菅原乃愛君です!

 

鳳凰グループは早速音楽に合わせて練習していました。練習の様子や団員の表情から、団長がおっしゃっていた明るさや楽しさが取材をしている我々にも伝わってきました。本番の体育祭も楽しみです!

 

〇蒼龍グループ応援団長、山本帆高君

Q、意気込みを教えてください。

A、他のグループに負けない迫力で、頑張りたいと思います。

Q、グループの雰囲気を教えてください。

A、全員が仲良く、練習に取り組めています。

Q、特に力を入れていることは何ですか。

A、演舞です。

Q、ここだけの話を教えてください。

A、実は、応援リーダーの3年生の間で、一度仲違いをしてしまったことがあります。今は、和解して、全員でよりよいものができるよう頑張っています。 

 

蒼龍グループは、3年生を中心に細かな動きなどを一つ一つ丁寧に練習していました。トラブルを乗り越えたからこそ、深まった団結力で当日もきっと会場を盛り上げてくれると思います。本番に期待大です!

  

〇光虎グループ応援団長、重見仁清君

Q、意気込みを教えてください。

A、完全優勝したいと思います。

Q、グループの雰囲気を教えてください。

A、全員が楽しく練習に取り組めています。

Q、特に力を入れていることは何ですか。

A、演舞で、かっこよく踊ることです。

Q、ここだけの話を教えてください。

A、実は応援団長が一番踊りを踊ることが苦手ですが、頑張りたいと思います。

光虎グループは、3年生を中心におどりを確認しつつ、練習していました。1~3年生全員が笑顔で練習に取り組んでいて学年を超えた友情を感じられました。かっこいい演舞を見るのが待ち遠しいですね!

 

今年度も昨年度同様、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、例年とは異なる形で開催します。無観客開催とはなりますが、南高生一同精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします。

世界のおもてなし料理レガシープロジェクト

8月26日(木)、世界のおもてなし料理レガシープロジェクトのオンライン交流会が実施されました。

このプロジェクトは、東京五輪・パラリンピック参加国のホストタウンが相手国の関係者に地元食材を

使った料理を考え、おもてなしをするというものです。本校は、愛南ゴールド真鯛を使ったしゃぶしゃぶ

を考え、大使館の方々と一緒にオンラインでの会食をしました。

 

【農業科】稲刈りをしました!

昨日、農業科では稲刈りを行いました。

倒れてしまいコンバインでの収穫が難しい稲を、手刈りで刈り取りました!

稲を刈り取ると、カニやクモ、カエル、トンボなど、たくさんの生き物が出てきます。

田んぼは、多くの生き物の住処です。

後日片付けも行いました!

2学期スタート

本日、2学期がスタートしました。

始業式と生徒会役員任命式が実施され、新旧の生徒会役員が交代しました。

旧生徒会役員の皆さん、御苦労様でした。

2学期は体育祭や文化祭など、大きな学校行事があり、生徒会の皆さんの活躍が期待されます。

新生徒会のメンバーの皆さん、全校生徒と共に南宇和高校を盛り上げましょう。

教職員研修(防災)

8月24日(火)教職員研修(防災)を実施しました。夏休み中に視察した黒潮町役場・高知県立大方高等学校の

報告が行われ、津波への対策や地域の方々との交流、避難所運営などを学びました。

中高合同防災訓練

南宇和高校と同じ地区にある御荘中の代表生徒と一緒に防災訓練を実施しました。黒潮町で学んだことの

報告と、避難所運営として非常食や段ボールベットの設置訓練をしました。

段ボールベットは、簡単に作れ、頑丈なものでした。協力すれば数分で完成することがわかり、他の生徒にも

今後伝えていく予定です。

パンジー・ビオラの種まき 農業科

農業科1年生が、パンジーとビオラの種まきをしました。パンジーとビオラの種は、とても小さいので

とても苦労していましたが、丁寧にできていました。秋の開花が楽しみです。

愛媛・南予の柑橘農業システム フォーラム 聞き書き研修

 愛媛県農政局が実施している日本農業遺産事業の一つである柑橘農家への聞き書き研修が、オンラインで

開催されました。農業科2年の川崎さん、豊田さん、農業科1年の清水さんが参加し、愛媛大学の島上先生から

取材方法やレポートのまとめ方などを教えていただきました。コロナウイルス感染拡大の時ではありますが、

生徒たちは、今後実施される農家への取材をしっかりやっていきたいと話していました。

 

夕暮れコンサート

8月8日(日)に一本松中学校と合同で夕暮れコンサート行いました。

約2か月ほどコンクールに向けて、一緒に練習をしてきた合同チーム最後

を締めくくるコンサートです。

 

コロナウイルス感染防止対策として、観客は保護者の方のみでした。

交流促進センターで、コンクールでの演奏曲やポップス等の演奏を披露しました。

中学生・高校生が一丸となって演奏できた良い経験となりました。

来週は稲刈りです 農業科

4月に田植えをした稲の現在の様子です。この前の台風の影響により倒れている稲もたくさん

ありましたが、来週は、稲刈りができそうです。当日は晴れてもらい収穫できることに感謝したいと思います。

防災先進地視察研修③(黒潮町役場情報防災課)

8月5日(木)黒潮町役場情報防災課を訪問し、役場の取組や課題について説明をしていただきました。高校や地域との連携や日頃の訓練の大切さなど、現在の状況はまだスタートラインに立った状態で、ここからが大切であると感じました。役場ができることは、限られているので、地域住民から声を大切にしていると話されていました。犠牲者ゼロになるように南宇和高校としても今後活動していきたいです。説明していただきました情報防災課 宮上様、ありがとうございました。

防災先進地視察研修②(佐賀地区津波避難タワー)

高知県黒潮町佐賀地区にある津波避難タワーを見学しました。タワーの高さ25m、日本一高い避難タワーで、それだけ高い

津波が想定されています。漁師の方が多く、約9ヶ月漁にでていて普段は、高齢者や子供がほとんどだそうです。顔のわかる

人間関係で共助の精神で何度も訓練を実施していることがわかりました。

防災先進地視察研修①(高知県立大方高等学校)

8月4日(水)防災先進地研修を実施し、生徒4名・教員4名が高知県黒潮町にある県立大方高等学校を

訪問し、日頃の取組説明や施設見学をしました。地域と連携した防災袋の活動や高齢者宅を訪問し、アプリによる

避難シミュレーションの実施、防災リーダー、委員会などの組織作りなど南宇和高校・愛南町に参考になることば

かりでした。説明いただきました大方高校浦田先生、ありがとうございました。

愛南町フェア 久万高原 道の駅さんさん

8月1日(日)久万高原町道の駅「天空の郷さんさん」で愛南町フェアが開催されました。農林課の愛南ゴールド、

水産課のカツオのたたき、本校の愛南ゴールドジュースなどが販売され、多くのお客様に愛南町の味を楽しんで

いただきました。初めての町外販売体験の人もいましたが、しっかり声を出してPRできていました。

 

全日本吹奏楽コンクール愛媛県大会

8月2日(月)に、第69回全日本吹奏楽コンクール愛媛県大会が松山市民会館で行われました。

今年度は一本松中学校吹奏楽部との合同で出場し、「梁塵秘抄~熊野古道の幻想~」を演奏しました。

結果は銀賞と悔しい結果となりましたが、舞台では一人一人が良い演奏を届けようと努め、これまでの練習の成果を出すことができました。

また、新たな気持ちで練習に取り組んでいきたいと思います。応援ありがとうございました!

 

 

全国16位!(陸上競技部)

 本日、インターハイの男子三段跳が行われました。12時半からの予選では1本目、2本目は上手く助走が合いませんでしたが、気合い入れて臨んだ3本目で15m12を記録し、決勝に進みました。16時半から行われた決勝では予選と同じような展開でした。3本目に助走が合いましたが、跳躍を上手く飛びきることができず14m70で16位となりました。

 悔しい結果でしたが、15mを越える跳躍ができたことは本人の中でも新たな自信になったことと思います。

 全国という舞台、1日に予選・決勝の2試合をこなすという経験をすることで、新たな課題も見つかりました。ここからしっかり課題を克服し、国体に向けて備えていきます!

 


 応援していただいた皆様、本当にありがとうございます。ここまでこれたのも皆様の声援や支えがあったおかげです。心身ともに成長することができたのも皆様の温かいお声がけやご指導、チームメイト・友人の励まし、何より家族の支えがあったからこそだと思います。そういった環境で学校生活や部活動ができることはとても幸せなことです。本当に感謝しています。これからもチーム一丸となって頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします。