南光ブログ

えひめスーパーハイスクールコンソーシアム(オンライン)への参加

本日、13:30から、えひめスーパーハイスクールコンソーシアム(オンライン)が開催され、本校は、「地域の魅力発信高校生サイクリング推進事業の取組」と「日本の次世代リーダー養成塾参加報告」の発表を行い、南予地区の高校生とディスカッションを行いました。新型コロナウイルス感染防止のため、オンライン会議となりましたが、他校の生徒と活発な意見交換を行うことができました。

生徒の皆さんが授業を受けている間に・・・

 本校には、授業や部活動の指導をしてくださる先生以外に、学校を支えてくれている人がいます。

学校にとって、事務や環境整備も大切な仕事です。生徒の皆さんが授業を受けている間に樹木がきれいに剪定されています。

皆さんはこの変化に気づいていますか?良い環境で学習活動ができていることに感謝しましょう!

3年2組 進路体験発表会

 1月21日(金)のホームルームの時間で、3年2組から2年2組に向けて、今年度の進学や就職に関する発表を行いました。

 3年生は7つの班に分かれてそれぞれプレゼンを作成し、進路先のことや受験で苦労したことなどについて発表していました。2年生からの質問もあり、有意義な時間になったと思います。

 準備時間が短く、大変だったと思いますが、1人1台端末を上手く利用しながら協力して進めてくれた3年生、ありがとうございました!2年生のみなさん、来年度の進路実現に向けてこれから頑張っていきましょう!

農業科 課題研究発表会

1月21日、農業科3年生の課題研究発表会を実施しました。オレンジロードの草花活動、鯛を使った新商品開発、

環境・作業に配慮した効率的な果樹栽培など、それぞれ一年間活動してきとことの発表でした。まだまだ多くの

課題はありますが、2年生が継続して研究していってもらいたいと思います。

農業科 甘夏収穫・選果作業

農業科の全生徒の頑張りで、甘夏の収穫が終了しました。選果や袋詰めなど、保存作業が続いています。

後半の愛南ゴールドが残っていますが、協力して進めていきます。特に、3年生は、丁寧に素早く作業でき

下級生の手本になっていました。

エシカル甲子園2021 本選出場決定! 地域振興研究部

 3月18日、徳島県で開催されるエシカル甲子園2021の本選に、地域振興研究部が出場することが

決定しました。タイトルは、「愛南ゴールドから始まる持続可能なまちづくり」です。

3回目の挑戦で、やっと全国大会に出場することができ喜んでいます。四国ブロック代表として頑張ってもらいたいと

思います。

 

ミニトマト 生育順調です

平山農場のハウスで栽培しているミニトマトの様子です。

一段目は、果実が緑に変わり大きくなっています。もう少しで収穫の予定です。

共通テストに向けて出発!

本日、36名の受験生が共通テストを受けるために松山に向けて出発しました。

激励会では、石崎校長先生から励ましの言葉をいただきました。

頑張れ受験生!南宇和高校一同、応援しています。

果樹園だより「甘夏の収穫・選別スタート!」

1/12から甘夏の収穫が始まりました。冷たい強い風が吹く中、3年生が1日収穫実習を行い大量に収穫をしてくれました。さすが3年生!!

1/13は2年生が1日収穫実習を行い、3年生に負けないよう一生懸命収穫に励んでいました。午後からは、出荷基準にあわせて、正品・二級品・加工の3種類に選別をしていきました。

今年はせん定、摘果の栽培管理に例年以上に力を注いだため、外観のきれいな果実が沢山できています。もちろん味も美味しい果実になっています!この後袋詰めをして、2~3ヵ月貯蔵をして酸を抜いていきます。

収穫は2月下旬まで続きます。まだまだ始まったばかりですが、農業科全員で協力して頑張って行きます!!

清掃風景

清掃の時間は10分間ですが、北風の吹く中、生徒たちは熱心に清掃活動を行います。

学校をきれいにすると、心もきれいになります。

きれいな学校で生活すると、学習意欲も高まってくるでしょう。

3学期スタート(始業式)

本日から3学期が始まります。

始業式は、コロナウイルス感染拡大の状況を考慮して、各ホームルーム教室において放送を聞く形で実施しました。

石崎校長先生は式辞の中で、「大人になるということを高校時代に考えておいてほしい。」「大人になったという自覚は、自分の存在が誰かを支え、誰かの役に立っていると思えるようになったとき、初めて実感するものではないかと思います。」と言われ、大人になる準備期間の高校時代に目標達成のために努力し、自分を高めていくことの大切さをお話しいただきました。

 

受験生の学習風景

冬季休業中ですが、共通テストを受験する3年生の希望者が登校して、マークテストの練習を行っています。

生徒の皆さんが問題を解く姿から、共通テストに取り組む熱意と集中力がひしひしと伝わってきます。

志望校合格を目指して頑張れ受験生!

練習納め、大掃除(陸上競技部)

 本日(12月30日)、毎年恒例エンドレスリレーを行いました。1周250mのトラックを42.195km走りきるまでみんなでバトンをつなぎました。3年生やOBにも参加していただき、1時間57分06秒でゴールすることができました。一緒に走っていただいたり、差し入れをいただいたりとありがとうございました!

 本日のリレーでは、今までの先輩方が培った伝統を引き継ぎながら後輩が育っていることを実感する良い機会となりました。たった高校3年間かもしれませんが、本気で頑張ったことは後輩に残り、受け継いでくれます。自分が置かれている環境に感謝しながら、来年もよい1年にしていきましょう!!

 

 午後からは大掃除をして、部室・器具庫・トレーニング室をきれいにしました!

男子サッカー部 県新人大会南予予選準々決勝で八幡浜工業高校と対戦

準々決勝で第2シードの八幡浜工業高校と対戦しました。強敵相手に前半は互角に戦えましたが、後半はメンタル面の弱さから、チームの結束力に欠け、思うような試合展開ができず、大量失点を許す展開となってしまいました。この試合の反省を生かし、翌日のシード決めの2試合を勝利し、最低条件としていた第5シードを取ることができました。県総体ではリベンジに燃えて挑みます。

 

生徒会日記「南高ぶらぶら探訪」-南光祭編 当日を振り返る

南光祭の生徒会企画の目玉の一つである「南高てくてく」には参加しましたか?

クロスワードを解いていくと、「ぶんかさい」という文字が浮かび上がるというものでした。そこからくじも引いて、ティッシュか文房具かを当たりはずれによって渡されたと思います。たくさんの方に参加していただいた「南高てくてく」ですが、みなさん答えを導くことはできましたか?

生徒だけでなく、保護者の方々にも楽しんでいただけました。クイズの問題は、各バザーの近くに設置していました。各団体の珠玉のバザー・展示を楽しんでもらうのが大きな目的でした。来年度も、ぜひ楽しみにしていてください。

手形アートは、今回からはじめた企画です。恋人や友人と実施して、様々な人が大切な人との思い出となる手形アートをつくっていました。手形だけでなく、それぞれがデコレーションをして楽しんでいる様子は、青春の1ページとなったのではないでしょうか。

 

 

南光祭を終えた、生徒会長・出口くんにインタビューを行いました。

 Q、南光祭で最も力を入れたものは、何ですか?

A、アンブレラスカイですね。せっかく準備をしてきたのに強風でできなくて悔しいです。(南光祭があった23日は、平均風速が4.3m/s、最大瞬間風速が15.7m/sと強風で安全性を考えて中止しました。)

Q、後輩達に来年、頑張ってほしいことは何ですか?

A、来年の学校行事も全校生徒に楽しんでもらえるような企画作りをしてほしいです。もちろんアンブレラスカイも前・生徒会長坂本月美さんの代からの伝統として、しっかり受け継いでもらって、いいものにしてもらいたいですね。生徒全員の心に残る南光祭や学校行事にしてもらったらと思います。

↑生徒会長・2年出口暖大くん  ↑前々日に準備していたアンブレラスカイ

 

南光祭での生徒会企画はどうでしたか?

最初に述べたように、進化したものになっていれば嬉しいです。

在校生の皆さん、南光祭が終わってすぐに期末テストがありましたね。学校行事も全力で楽しんで、勉強も全力で取り組みましょう。

残り今年度も3学期を残すのみとなりましたが、後悔が残らないよう、自分にあったペースで頑張っていきましょう!

 

この南光祭については、『広報あいなん』1月号に載っています。

ぜひ、そちらもご覧ください!

生徒会日記「南高ぶらぶら探訪」-南光祭編 準備期間を振り返る

南宇和高校の文化祭が「南光祭」に進化しました!

 11月22・23日に行われた南光祭。実は、タイトルの通り今年度から南宇和高校の文化祭は、“南光祭”に名称を変え、進化したのです。もちろん、名称が変わっただけではありません。私たち生徒会の企画も大幅に進化しました。その生徒会の様子を準備期間から少し御紹介させていただきます!

10月上旬、生徒会は、南光祭に向けて動き出しました。話し合いの末、今年度の生徒会企画は、今まで行っていたものをグレードアップした5つの企画と新たな企画4つの計9つに決まりました。ここで、生徒会企画について紹介します。 

グレードアップした5つの企画は以下の通りです。

①校内に指定されたスポットをめぐって問題を解き、キーワードを集める「南高てくてく」

②各クラスの魅力やバザーの内容を個性豊かなCMで伝える「CM見まShow!」

 今年は、各クラスのCMに加え、3年生にサプライズで1・2年生からの感謝の動画が放映されました。

③南宇和高校の生徒ならわかるであろう問題を答え、クラスでビンゴを目指す「南高ビンゴ大会」。

 この企画は、2年3組が実施をしました。

④南高が舞台の探偵もののショートムービー紹介動画で南光祭の始まりを盛り上げた「オープニング動画」

⑤コロナ禍でも下を向かず、上を向いて歩いてほしいという願いから始まった「アンブレラスカイ」

 昨年度よりも規模を大幅に拡大しました。

 

今年度より実施した新企画は以下の4つです。

①南高生のトレンドがわかる「南高ランキング」

②南高をよりよいものにするために自由に意見を書いてもらう「フリーボード」

③南高祭の思い出を残す「手形アート」

④校内を色とりどりの風船で彩る「バルーンアート」

 

新企画を一気に4つも加えるのは、ここ数年で初めてのこと!

各担当者が中心となって、全校生徒に楽しんでもらえるように、22名の生徒会全メンバーでこの挑戦に全力で挑みました。全校生徒分のアンケートの集計、動画の企画・撮影、手形アートのシミュレーションなどで、部活動の後に活動することもありました。全校生徒に協力してもらったり休日に集まったりすることもありました。限られた時間の中で、いかにクオリティをあげるかを各自が考えました。

特に、アンブレラスカイは、生徒会長の出口くんを中心に生徒会全員で特に力を入れて取り組みました。傘を上げるシミュレーションを何度か行い、その度に改良をしてよりよいものにしていこうとしました。出口くんは、このシミュレーションを行う前から傘の配置や何列になるかなどをずっと研究していました。他の人の意見も取り入れながら熱心に進めていく姿から、「絶対に成功させるぞ」という熱い気持ちが、伝わってきました。

 

これらの企画の他にも、生徒有志発表の司会やタイムテーブル作りも行いました。ギリギリまで全員で心を合わせて作業をしました。そして、各自の企画はもちろん、全員で行ったものも含め、全ての準備が完了しました。準備をする上で大変だったこともありましたが、笑顔で楽しくできたことも沢山あります。

こうして生徒会活動の中でも一大イベントの南光祭の準備が終わりました。

 

果樹園だより「えひめ次世代マイスター育成事業GAP学習会」

12月24日(金)に、えひめ次世代マイスター育成事業の一環として北宇和高校と連携してGAP認証取得に向けたGAP学習会を行いました。

講師に、愛媛県南予地方局愛南農業指導班の瀧谷様をお招きし、来月行うGAP継続認証審査会を想定して、本校果樹園の倉庫や園内を見て回りながらの質疑対応やGAPへの取組み方などについて御指導いただきました。

グローバルGAPとは、農業の国際認証であり、この認証取得は、第三者から安心・安全な農地と認められたことになります。南宇和高校では平成30年に初認証され、今年度の審査は5回目となります。

全国、そして世界の皆さんに愛南町の河内晩柑・甘夏を食べていただけるように、これからも実習、GAP活動に励んでいきます!!

果樹園だより 「きれいに色付いています!」

今日は、愛南農業指導班の方に来て頂き、教員に栽培指導をして頂きました。

美味しい柑橘を育てるためにも、生徒の皆さんに負けないよう勉強しています!

そして、いよいよ収穫シーズン到来!!

果樹園の甘夏・河内晩柑はきれいに色付き、収穫を待つのみとなっています。

今年は、生徒の皆さんが一生懸命せん定、摘果に取り組んだ成果で

大きさの揃ったきれいな甘夏、河内晩柑ができています。

3学期が始まるのが、今から楽しみです!!

 

 

生徒会日記「南高ぶらぶら探訪」-English Roomについて

生徒会執行部より、今回は、記念館にあるEnglish Roomについて、ショート・アーロン先生からお話を伺いました。

English Roomの使用目的は様々で、英語が苦手な生徒でもアメリカの文化やゲームを通して英語にふれることができます。本格的な学習のサポートも充実しており、英語検定の2次面接や進学の際の英語面接の練習も行っているとのことです。

English Roomを利用している生徒からの意見を聞いてみると、「先生もとても明るく親切でとても活動が楽しい」とのことです。

 

○イベントについて

 English Roomでは、現在クリスマスの飾り付け作りを行っています。このようなイベントは、基本的には平常日に行うのですが、冬休みにどうしても参加したいという生徒はアーロン先生に聞いてみて下さい。

 

○English Room利用可能の日

 月水木に利用可能です。

 面接の練習などをしたい人は、事前に連絡をしてみてください。

 

○アーロン先生から一言

 Let‘s enjoy English!!  Let‘s go up English level!!

EGFキャンパスアワード  地域振興研究部

12月18日(土)、愛媛新聞社本社で開催されたEGFキャンパスアワード2021‐2022に地域振興研究部の5名が出場しました。この大会は、愛媛県の地域資源を活かして地域課題を解決するビジネスプランを競うものになっています。南宇和高校は、愛南ゴールド真鯛を高校生が対面販売していくプランで愛媛新聞社賞を受賞しました。

 

表彰伝達と終業式を実施しました。

本日は、表彰伝達と終業式を実施しました。

表彰は次の3件です。

・第100回全国高校サッカー選手権大会愛媛県大会 得点王

・愛媛県高等学校新人大会相撲個人80㎏級 第1位

・第35回愛媛県高等学校総合文化祭文芸(詩)部門 優秀

 終業式の校長式辞では、石崎校長先生から「就職する生徒の皆さんは、社会人としての自覚をもって今できる準備を進めてください。一般入試にチャレンジする生徒の皆さんは、試験当日から逆算して自分が実行できることは何かを具体的に書き出し、欲張りすぎずに計画を立てて実行しましょう。」とのお話をいただきました。

 

令和3年 エコノミクス甲子園 愛媛県予選

12月12日、伊予銀行本店においてエコノミクス甲子園の愛媛県予選が開催され、地域振興研究部の1年生が

参加しました。この大会は、金融・経済などの知識を競う内容で、筆記・早押しなどのクイズ形式で実施されました。

決勝ラウンドに、進出することはできませんでしたが、よい経験になったようです。

   

防災避難訓練を実施しました。

本日、地震災害を想定した防災避難訓練を実施しました。

今回は、事前に避難放送の時刻と避難方法を伝えない形で避難を行いました。

全校生徒が真剣に避難訓練に取り組み、愛南町消防本部の方からすばらしい避難訓練であったという講評をいただきました。

また、地域の消防団のメンバーと、その活動内容を紹介していただきました。

 

 

全校集会で交通安全講話を実施しました。

本日、愛南警察署の方を講師に招き、朝の全校集会で交通講話を実施しました。

今年は、県内で高校生の交通事故による痛ましい死亡事例があり、講師の方から交通事故を他人事ではなく自分の事として捉えることと、交通安全の意識を高めることの大切さを教えていただきました。

これから冬休みを迎え、交通量も多くなります。交通事故を無くすようにお互いに気を付けましょう。

 

農業科中学生体験入学を実施しました。

 12月12日、農業科の中学生体験入学を実施しました。22名の中学生に参加していただき、果樹、野菜、草花、加工の授業体験を行いました。天気にも恵まれ、参加した中学生はポンカンの収穫やキンセンカの鉢植え体験等に、楽しそうに取り組んでいました。

 来年度一緒に学べることを楽しみにしています。

2学期クラスマッチ風景

本日、12月13日(月)はクラスマッチを実施しました。

キックベース、フットサル、バドミントン、卓球の4種目に分かれ、全校生徒がチームの勝利を目指して頑張りました。

天候にも恵まれ、最高のスポーツの日になりました。

〇 キックベース

 

〇 フットサル

 

〇 バドミントン

 

〇 卓球

 

〇 表彰式

 

情報モラル教室を実施しました。

 近年、情報化社会の進展により、スマートフォン等の普及が急速に進む中で、インターネットの掲示板やライン、メール等による高校生のトラブルが増加しています。本校でもこの問題に対応するために、12月8日(水)に情報モラル教室を実施しました。

 県警本部の人身安全対策・少年課の市川様を講師に迎え、トラブルに巻き込まれないための対応を分かりやすく説明していただきました。

農クラブ 第2回各種発表校内大会

12月8日、農業クラブ各種発表校内大会が実施されました。意見発表の部、プロジェクト発表の部に、それぞれ

各学年から出場し、日頃の実習体験や専攻班活動、販売活動からの考えを発表できていました。代表に選ばれた

生徒は、1月に大洲で開催される県大会に出場します。

 

考査期間中の部活動風景

2学期の期末考査期間中ですが、大会や発表会が近い部活動は体力維持や技能向上のため、練習が欠かせません。

本校では、特別に申請が承認されれば、試験終了後、1時間程度の部活動が認められます。

生徒たちは、勉強と部活動の両立を目指して、時間を有効に活用しています。

2学期末考査が始まりました。

11月30日(火)から12月6日(月)まで2学期末考査が実施されます。

考査中は教室内に緊張感が高まります。

生徒の皆さん、今まで学習した成果を存分に発揮してください。

 

南光祭(文化祭)を実施しました!

11月22日(月)と23日(火)の2日間に渡り、南光祭(文化祭)を実施しました。

「すばらしい提案をしよう・・・ 君も主役にならないか?」のテーマのもと、全校生徒がすばらしい南光祭を作り上げました。

その風景を御紹介します。

11月22日(月)の前日祭では、生徒会企画「CM見まshow!」や生徒有志による発表を行いました。

11月23日(火)の南光祭当日では、様々なステージ発表や各教室での展示発表やバザー、農産物の販売を実施しました。

学校防災教育実践モデル地域研究事業の公開授業を実施

11月19日(金)に本校で学校防災教育実践モデル地域研究事業の公開授業を実施しました。

1年3組のホームルーム活動では、避難所の役割や避難生活で生じるトラブルとその対策を考えました。一人1台端末を活用し、避難所で想定される課題や高齢者や障がい者の避難方法、避難所設営の要点を作成し発表しました。また、疑問点や感想をFormsで集計し、クラスで共有しました。

2年2組のホームルーム活動では、地震等の災害に遭遇した際に、地域の人と協力しながら臨機応変に対応できる力を身に付けるため、各班に分かれて「災害協力シミュレーションゲーム」を実施し、災害時の適切な行動を確認しました。

愛媛県高等学校総合文化祭【吹奏楽部門】

11月21日(日)愛媛県民文化会館にて、総合文化祭が行われました。

 吹奏楽部は、宇和島東高校・吉田高校・南宇和高校の3校合同バンドとして出演しました。

曲目は、「マードックからの最後の手紙」です。

少ない合同練習でしたが、一人一人練習した成果を大きなホールで披露することができました。

 

南宇和高等学校の文化祭にも出演します。

一つ一つの演奏の機会に感謝し、精一杯の演奏を披露したいと思います。

 文化祭では、ソロ曲やポップス等の楽しい舞台を考えています!

保護者の皆様、お越しをお待ちしています。

総合的な探究の時間 水産分野 安高水産見学

 

地元の養殖業を学ぶ目的で安高水産を訪問しました。午後の時間であったので作業は見ることは

できませんでしたが、最先端の施設や設備を見ることができ、持続可能な養殖業、SDGs宣言を

されていることがよくわかりました。

砂浜練習(陸上競技部)

 11月20日(土)に、黒潮町の入野海岸で砂浜練習を行いました。11月とは思えない気温の高さで充実した練習ができました。生徒らは広い砂浜に興奮しており、練習前後に楽しく盛り上がってました。

サイクリング・パラダイスinあいなん2021

 11月14日(日)に転向にも恵まれ、「サイクリング・パラダイスinあいなん2021」が行われました。本年度は本校有志と山岐先生が参加しました。

 コースは西海ふれあい公園をスタートし、高茂岬で折り返し、西海ふれあい公園帰るまでの約30kmのコースです。アップダウンもあり大変なコースでしたが、海や山の風景を堪能しながら自分のペースで全員完走できました。

 愛南町とサイクリングの良さを、再発見できる良い機会になったと思います。ボランティアに参加してくれた、ボランティア部の皆さん御協力ありがとうございました。

県駅伝結果(陸上競技部)

 11月7日(日)に、西条市の西条ひうち陸上競技場にて県駅伝が行われました。結果は2時間31分04で全10チーム中10位(連合チームを含めると全12チーム中11位)という結果になりました。

 短い準備期間で満足に練習ができない中、選手は一人一人が全力を出してよく頑張ってくれました。特に助っ人で参加してくれた3年1組の上田君、毛利君は進路のこともある中、朝練にも積極的に取り組んでくれました。ありがとう!

 保護者の方々もたくさん応援に来ていただき、ありがとうございました。コロナ禍でずっと無観客が続いておりましたが、ようやく熱い声援の中の大会で、生徒らもやりがいや感謝を感じていました。これも平素より応援していただいているおかげです。本当にありがとうございました!

学校防災教育 公開授業

11月19日、学校防災教育公開授業を実施し、「避難所運営を体験してみよう」「災害時の適切な行動について考える」

の内容を参観いただきました。グループで避難所で想定される課題を中心に意見交換し高齢者や障害者の配慮、プライバシーやストレスなどの意見もでていました。今後も継続して防災教育を進めていきます。

学校防災教育公開授業を実施しました。

11月19日(金)に学校防災教育公開授業を実施しました。

実践委員会の委員の方々と北条高校の先生方に授業を参観していただきました。

 

1年3組のホームルーム活動では、避難所の役割や避難生活で生じるトラブルとその対策を考えました。一人1台端末を活用し、避難所で想定される課題や高齢者や障がい者の避難方法、避難所設営の要点を作成し発表しました。また、疑問点や感想をFormsで集計し、クラスで共有しました。

2年2組のホームルーム活動では、地震等の災害に遭遇した際に、地域の人と協力しながら臨機応変に対応できる力を身に付けるため、各班に分かれて「災害協力シミュレーションゲーム」を実施し、災害時の適切な行動を確認しました。

台湾の中山大学とのオンライン交流授業を実施しました。

11月15日(月)に台湾の中山大学とのオンライン交流授業を実施しました。

今回は、お互い英語で交流を行いました。

中山大学からは、台湾の文化や生活をクイズを盛り込んで楽しく説明していただきました。

本校からは、愛南町のカワウソの生態に関する発表を行いました。

この交流事業が今後も継続できることを願っています。

 

農業クラブ ハーバリウムの作製

11月16日(火)に農業クラブ役員の3年生5人でハーバリウムを作りました。

ハーバリウムは、瓶の中に、プリザーブドフラワーやドライフラワー、ポプリなどを入れ専用のオイルで瓶の中を満たしたもので、近年ではインテリアとして人気のあるものです。

来週の文化祭で農業クラブは「多肉植物寄せ植え体験」と「ハーバリウム作製体験」を企画しており、3年生の役員は、ハーバリウムの作製を指導するため、事前に体験してみました。

ピンセットを使い、プリザーブドフラワーなどを瓶の中で配置していきますが、瓶の中で思うようにピンセットを使うことができず、最初は苦戦しましたが、最後は上手く使えるようになり、素敵なハーバリウムを作ることができました。

来週の文化祭では、多肉植物、ハーバリウムともに30セット準備していますので、せひ、農業クラブのブースに来て体験してください!

 

中学校訪問 一本松中学校

11月16日、中学校訪問を一本松中学校で実施しました。卒業生7名と参加し、今年度実施した「しまなみ研修」や

校外活動について説明した後、グループに分かれ、勉強や行事など高校生活について質問を受けていました。

一人でも多くの人が南宇和高校を選択してもらいたいと思います。

第73回全国高等学校相撲新人選手権大会愛媛県予選 結果報告

11月14日(日)西予市野村町乙亥会館にて第73回全国高等学校相撲新人選手権大会愛媛県予選が開催されました。

個人戦体重別80㎏級に2年和家大和くんが出場しました。5人でのリーグ戦で4戦全勝し見事優勝、3月に高知県で行われる全国大会への出場が決定しました。

現在相撲部員は和家くん一人ですが、黙々と厳しい稽古に耐え、苦手な体重増加も頑張りました。毎日の努力が実を結び、今大会の優勝という素晴らしい結果に繋がりました。

努力する気持ちと支えてくださる方々への感謝の気持ちを忘れず「全国大会一勝」を目標にまた頑張ります。

応援ありがとうございました。

篠山小中学校訪問

 11月9日、篠山小中学校を卒業生2名が訪問しました。動画で海外研修の様子を紹介した後、2名を中心に輪になって座談会を行いました。中学生から多くの質問が出され、それに対して先輩として具体的な話を交えしっかりと答えることができました。
 4月に会えることを楽しみにしています。篠山小中学校の3年生の皆さん、先生方ありがとうございました。

北条高校 公開授業 (学校防災教育研究事業) 

11月9日、北条高校において、学校防災教育実践モデル地域研究事業の公開授業があり、災害時の介護従事者としての行動を学ぶための段ボールベットから車いすへの移乗やHUGセットを使った避難所運営体験の授業を見学させていただきました。どの生徒も災害時を想定した行動や色々な視点からの配慮ができており、避難所運営方法の発表が多かったです。本校も参考にしていきたいと思います。

中学校訪問 御荘中学校

11月8日、御荘中学校で中学校訪問を実施しました。本校の御荘中卒業生11名で訪問し、スライドなどでの学校紹介、

研修紹介をした後、グループになっての質問の時間をとりました。中学生からは、考査は難しいですか?、校則は厳

しいですか?、楽しい行事は何かありますか?など多くの質問が出され、それに対して、先輩としてしっかり答える

ことができていたと思います。

4月に会えることを楽しみにしています。御荘中3年の皆さん、先生方ありがとうございました。

中土佐研修 (新商品開発)

カツオを使った新商品開発を目的に、高知県中土佐にある道の駅「なかとさ」を訪問しました。特にカツオソフトクリームを

販売している「海王」では、原料や製造体験もさせていただきました。今回学んだことを参考に、地元の醤油と柑橘を使った商品を考えていきたいと思います。

農業クラブ 第72回日本学校農業クラブ全国大会 兵庫大会

10/27(水)~10/28(木)に兵庫県で開催された「第72回日本学校農業クラブ全国大会」に

安田さんが学校代表として農業鑑定競技の区分園芸に出場しました。

7月から夏休みも毎日勉強に励み、大会に臨みました。

初めての全国大会で緊張し、目標としていた入賞はできませんでしたが、

他の学校の生徒と交流を深め、全国のレベルの高い発表を見ることができ

大変実りのある2日間となりました。

「来年はリベンジしたい!」と安田さんはすでに来年度に向けて意気込んでいます。

今年度は、家畜審査競技やフラワーデザイン競技、各種発表で多くの生徒が活躍し入賞をしてくれました。

今後も頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします!

中学校訪問 城辺中学校

11月4日、中学校訪問を愛南町立城辺中学校で実施しました。しまなみ研修など対外活動を中心に紹介したあと

小グループに分かれて質問を受けるようにし、中学生からは、高校のテストのこと、行事のこと、部活動のことなどの

質問があり、城辺中学校出身の先輩がアドバイスしました。一人でも多くの中学生と4月に会えたらと思っています。

 

中学校訪問 内海中学校

11月2日、南宇和高校の魅力をもっと知ってもらう目的で実施している中学校訪問を内海中学校で実施ました。

卒業生4名と一緒に訪問し、10月のしまなみ研修や農業科の取組などを紹介しました。先輩への質問時間を十分に確保し、体験入学ではわからなことも伝えることができました。内海中学校の皆様ありがとうございました。

全校集会で表彰伝達と教頭講話を実施しました。

本日朝の全校集会で陸上競技部の選手の表彰伝達と教頭講話が実施されました。

高石教頭先生からは、メジャーリーグで活躍する大谷選手を話題に出され、「誰でもできる元気な挨拶やゴミ拾いなどを有名になった現在も徹底して実行していることは素晴らしい。また、彼のように将来の目標をしっかり持って高校生活を送ってほしい」という内容のメッセージをいただきました。

ミヤモトオレンジガーデン見学 農業科2年生

10月28日(木)八幡浜市にある農業生産法人株式会社「ミヤモトオレンジガーデン」を見学させていただきました。

グローバルGAP認証を取得する時に指導いただいた会社で、社長の宮本泰邦様からは、多くの助言をいただいています。

新しい選果機を導入され、規模を拡大されているところを見せていただきました。収穫・出荷と忙しい時にも対応いただき

ありがとうございました。

農業科 御荘中との花植え交流

10月27日(水)農業科2年生が、御荘中学校を訪問し、中学校の花壇に農業科で育てたキンセンカと

ビオラを一緒に植えました。昨年に続き、交流会が実施できありがとうございました。

 

しまなみ研修その4 大三島みんなのワイナリー

大三島でブドウ栽培、ワイン製造をされている大三島みんなのワイナリーを訪問しました。

みかんの島でのワイン製造、気候温度や土など適していることを教えていただきました。

柑橘のワイン、ラベルの工夫点など商品開発の重要性も学ぶことができたと思います。

今治大三島しまなみ研修その3 オオミシマスペース

移住や古民家再生などで注目されているオオミシマスペースの増田様からお話いただきました。

これからは、一つの仕事や同じ場所で働くのではなく、いろいろな組み合わせで仕事や遊びを行って

いく暮らし方もあるということを教えていただきました。

今治・大三島しまなみ研修 その2

今治北高校大三島分校 交流会

大三島で地域と連携し、様々な活動をされている大三島分校の方々と交流会を実施することが

できました。南宇和高校からは、愛南町の紹介、学校行事や農業科の活動を発表し、大三島分校

からは、参道ガイドやお店を紹介した本など地域と連携した取組を紹介してもらいました。おもてなしの

心がある大三島分校の皆様、本当にありがとうございました。

 

地域未来探究(水産分野)ガンガゼウニの駆除(1・2年生) 

10月22日(金)地域未来探究(水産分野)に、磯焼けの原因になっているガンガゼウニの駆除を行いました。

愛南町役場水産課の清水陽介様からガンガゼウニの特徴、駆除の方法やウニッコリーなどを説明いただいた後、

専用の道具で一つ一つ駆除していきました。取ったウニを砕き、ピンセットで中のウニを取り出しましたが、海藻な

どを食べていないので、小さく、スーパーなどで売られているものとは違っていました。これからも環境保護活動を

続けていきます。

愛媛大学農学部 説明会

10月22日(金)愛媛大学農学部説明会を実施しました。農学部教授である板橋衛先生に来校いただき、学習内容、

学科説明、就職先などを説明していただき大学の取組がよくわかりました。

愛媛新聞 今治・大三島しまなみ研修

10月19日(火)の愛媛新聞に本校のしまなみ研修の内容が掲載されました。地域課題の解決ヒントを探る研修で

本年度、採択された三菱みらい育成財団事業の一環で実施しました。詳しい内容は、今後、ホームページにアップします。

                「まちの課題 どう解決 南宇和高生 大三島で探求」

                愛媛新聞 10月19日付 掲載許可番号d20211019-01

生徒会日記「南高ぶらぶら探訪」-新専門委員長の紹介①

 生徒会執行部より、10月に新専門委員長に就任した2年生を紹介します!

各分野で学校をよりよくするために働いていきますので、よろしくお願いします。

今回は、新専門委員長より一言いただきました!

 

○ 自治委員長山川くん      ○体育委員長大野くん             ○風紀委員長小山くん

「クラスの平和を守ります!」  「みんなが体育で楽しめるように頑張ります!」「皆が責任をもって身だしなみを整え、気持ちのよい学校を目指して頑張ります!」

                   

○美化委員長樫田さん               ○保健委員長山下さん         ○図書委員長河野さん

「清掃を一生懸命行い、みんなが          「みんなが元気に学校生活を     「本の管理をし、みんなが本を借りやすくなるように努めます!」

気持ちよく高校生活を送れるように頑張ります!」  おくれるように頑張ります!」

                      

 

○人権委員長濱本さん                     ○交通安全委員長若松くん         ○南光編集委員長吉田さん

「上下関係がしっかりしており、先生やお客さんだけ       「交通事故0になるように頑張ります!」  「例年よりも楽しんでもらえる『南光』を作成できる でなく、友人同士での挨拶も大切にできる学校にしたいです!」                        ように努めます!」

                             

新専門委員長の皆さんの声かけに応え、全校生徒で学校をより良くしていきましょう!

 

農業科 先進地研修 株式会社 かじ坊

10月18日(月)農業科1年生が、先進地研修として、八幡浜市のみかん農家である株式会社かじ坊を訪問し、

みかん栽培、経営方法、グローバルGAP認証などについて教えていただきました。みかんの単価が上がり、

後継者が増えていることなど、農業の楽しさ、おもしろさを笑顔で話されていたのが印象に残りました。

忙しい時に見学させていただきました梶谷高男様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

四国新人結果(陸上競技部)

  10月16日(土)~17日(日)の2日間、香川県の丸亀市総合運動公園陸上競技場にて第23回四国高等学校新人陸上競技選手権大会が行われました。結果は以下の通りです。

2-4 山川舜平 400mH 58秒30 5位

2-1 水谷健太 ハンマー投 35m73 6位

1-2 菅原康汰 ハンマー投 34m65 7位

1-1 笛木桜十一 5000mW 34分58秒95 9位

 

 四国という大舞台に不安や緊張を抱えながらも、いざ本番になるとそれぞれが全力を出し切りました。400mHに出場した山川は事前にランキング、予選通過ともに7位でしたが、予選の反省を踏まえたレースの組み立てをして臨んだ決勝で、後半に粘りの追い上げを見せ見事に5位となりました。ハンマー投に出場した水谷、菅原は競技直前の降雨により最初は上手く投てきができませんでしたが、競技中に修正しながら記録を伸ばしていくことができました。緊張もあるなか冷静な試合運びができたのは大きな成長です。5000mWに出場した笛木は自己ベストを2分30秒以上も更新する好レースでした。競技前には緊張を露わにしていながらも、レースが始まると堂々と力強く競技に臨み、距離を重ねるほど成長していく姿は見ているこちらもワクワクさせてくれました。

 4名の四国新人出場や複数のTOP8入りは部としての成長を実感させてくれるものでした。これも日頃の部活動や学校生活に素直に取り組んでくれる生徒、支えてくれる先生方・保護者の方、応援してくれる地域の方々のおかげです。来年度はより多くの人数で四国・インターハイに出場を目指して頑張っていきます。そのためにチーム一丸となって今後の冬季練習を乗り越え、全員で成長していくので、今後も応援よろしくお願いいたします。

今治・大三島しまなみ研修 その1

10月15(金)から2泊3日の今治・大三島しまなみ研修がスタートしました。地域課題を解決する方法を学ぶための研修で、1・2年生の9名が参加しました。

今治市役所の渡邊様、鳥生様から今治市が実施しているサイクルツーリズムなどの内容について説明をしていただきました。

サイクリング講習会

10月14日、サイクリング講習会が行われました。

今回は宇和島市にあるイヌガイ自転車さんに講師をお願いしました。

まずは乗り方、手信号、交通法規の確認をして、いよいよ男子マラソンコース

10kmを走行します。

参加者は足に自信のあるサイクリングクラブの8名。

急な坂道も車体から降りることなく走りました。

お天気が良く青空の中、気持ちよく汗をかきました。

四国新人大会出場 壮行会(陸上競技部)

本日、中間考査終了後、四国新人大会(陸上競技部)の壮行会が実施されました。

石崎校長先生と生徒会長の出口君から激励の言葉が贈られ、応援団と全校生徒からエールが贈ら得ました。

陸上競技部の皆さん、南宇和高校の代表として、日頃の練習の成果を存分に発揮してください。

今治・大三島しまなみ研修 事前学習

10月15日から実施される研修の事前学習を行いました。今治北高校大三島分校との交流会の内容や

大三島出身である本校第9代校長である菅菊太郎校長先生のことを学びました。多くの人のおかげで

実施できることに感謝しています。

農業科2年生 野菜の害虫駆除

10月7日、農業科2年生園芸専攻生が、総合実習の時間に、平山農場で栽培しているブロッコリーやハクサイなどに

ついているヨトウムシなどの卵を一つ一つ手で駆除しました。農薬をできるだけ使わない栽培ができるように頑張って

います。

 

 

今治・大三島しまなみ研修 事前学習

10月15日から10月17日に実施される今治・大三島しまなみ研修に参加する生徒9名が、愛南町役場を

訪問し、商工振興課の土居様からふるさと納税の仕組みや寄付額が年々増加していることを教えていただきました。

また、返礼品についてもまだまだ不足していること、1年間楽しめる体験型の観光をどうするかなど課題があることも

わかりました。今度の研修で良い報告ができるようにしたいと思います。

 

 

シーカヤック体験 農業科3年

農業科3年生が、「グリーンライフ」の時間にシーカヤック体験を実施しました。場所は、愛南町が誇る須ノ川海岸。

毎年の恒例の授業となっており、天気も良く、愛南の太陽・海・風を感じる一日となりました。須ノ川事務所でレンタルできますので、休日にチャレンジしてみてはどうでしょうか?

全校集会(表彰伝達と梶川先生講話)

本日の朝に全校集会が実施され、表彰伝達と梶川先生から講話がありました。

講話の中で、梶川先生は、「生徒の皆さんの努力と成果は、成長曲線をたどり、努力の成果が出るまでに時間のかかる人もいる。あきらめずに何度もチャレンジしてほしい」と南宇和高校生にエールを送っていただきました。

 

【広島大学グローバルサイエンスキャンパス(GSC)】最終発表会を終えました!〈3年生 松本偲央里さん〉

研究テーマ【河内晩柑の果皮成分の応用】

 2年次より取り組んでいた広島大学主催のグローバルサイエンスキャンパスの最終発表会に参加しました。松本さんは、地元の特産品である河内晩柑の果皮に含まれる「オーラプテン」に着目し、その認知機能維持効果を調べる研究に取り組みました。研究では精油を採るための水蒸気蒸留や認知機能検査など、本格的な研究活動に挑戦することができ、大変実りある経験を積むことができたようです。

 

 この研究に取り組むにあたって、地域の方々や大学・高校の先生方、ご家族といった多くの人々のサポートを受けながら最後までやりきることができました。本当にありがとうございました!

農業科 みかんジュースコンクール2021 出品

愛媛県が主催している「えひめ笑顔セレクションみかんジュースコンクール2021」に応募しました。

昨年は、初めて愛南ゴールドで特別賞を受賞することができましたが、今年も、入賞を目指して愛南

ゴールドと甘夏を出品しました。まずは、2次審査に進みたいと思っています。

 

   

総合的な探究の時間 中間発表(水産分野1班)

10月1日(金)総合的な探究の時間に愛南未来プロジェクトの中間発表を行いました。水産分野1班は、カツオ・真鯛・

ウニッコリーについて調査・研究中で、歴史・商品開発・交流などを発表しました。年度末の最終報告まで頑張って

もらいたいと思います。

高校生消費者教育講座(2年生)開催

成人年齢引き下げに伴い、若者が被害に遭いやすい悪質商法の手口やクレジットカードに関する知識等について、、生活専門相談員の遠山利恵子先生を講師に迎え、講話をしていただきました。

具体的な事例に基づいたわかりやすい内容の講話でした。

 

はなき農園見学 農業科

9月25日(土)農業科の3名が、御荘和口にある「はなき農園」に栽培・働き方・販売・加工品など

についてインタビューに行ってきました。農業は、栽培だけのしんどい、きつい仕事というイメージ

ですが、加工・営業・販売・SNSなど自分が好きなところ、得意なところで働くことができる

楽しい職業であることを教えていただきました。

 

第3回水産人材育成事業 アマゴ養殖

9月23日(木)第3回水産人材育成事業が実施され、今回は、NPO法人なんぐん市場のアマゴ養殖

について学びました。地域貢献を目標に、シイタケ栽培、アボカド栽培、アマゴ養殖など多くの生業を

作りだしていていること、特に、アマゴの出荷選別・エサやりを体験させていただき、アマゴから

サツキマスへ山から海と愛南の自然を使い、持続可能な町作りに貢献されていることが印象に残りました。

生徒会執行部 2022四国インターハイ卓球in南予 広報活動 

9月20日(月)に、「令和4年度全国高校総体学校推進委員会」のメンバーで、地域環境美化活動を行いました。

「令和4年度全国高校総体学校推進委員会」とは、来年度、四国インターハイが開催され、卓球競技の会場が南予であることを広報し、地域を盛り上げていく活動を行うメンバーのことです。

今回は、道の駅MICにて、1時間程清掃活動を行いました。また、今後四国インターハイの広報活動としてポスターを作成し、それを貼らせていただく交渉も行いました。

コロナ禍による制限などもありますが、今後も学校を地域を盛り上げるために頑張っていきます!

女子ソフトテニス部 南予地区新人戦

9月18日(土)19日(日)に大洲平野運動公園で、南予地区新人戦がありました。

個人戦は、濱本(2年)・清家(1年)ペアがベスト8、和田(1年)・森内(2年)ペアがベスト16で県大会出場権を獲得しました。

団体戦は、1回戦vs川之石高校 不戦勝

     2回戦(準決勝)vs宇和高校 2-0勝利

     決勝vs宇和島東高校 0-2敗北

     結果、2位となりました。

今年度は、部員が3名で、十分に練習ができなかったり、人数が少なく苦しいときもありました。しかし、周囲の支えでなんとか団体戦に参加することができ、部員3名とも持ち味を活かすことができました。

また、県大会も頑張ります。

 

 

県新人3日目結果(陸上競技部)

 本日、県新人大会3日目が行われました。結果は以下の通りです。(TOP8のみ記載)


 2-1 水谷 健太 やり投 41m81 5位
 2-2 大峰 丈 三段跳 12m62 6位
 男子フィールド総合 22点 5位タイ

 四国通過者4名、フィールド総合でTOP8に入るなど、ここ数年で最高の結果を収める事ができました。日頃から保護者・学校・地域の方々に応援や励ましをいただいているおかげです。ありがとうございます。
 今後も秋季陸上や西南陸上といった大会に出場し、経験を蓄えながら四国新人に向けて準備をしていきますので、応援よろしくお願いします!

県新人2日目結果(陸上競技部)

 本日、県新人大会2日目が行われました。結果は以下の通りです。(TOP8のみ記載)
 2-4 山川 舜平 400mH 58″30 4位(四国新人出場)

 本日もそれぞれがベストを尽くして闘ってくれました。大幅にベストを更新したり、自分の実力を出しきれなかったりと内容は様々でしたが、どれも今後につながるものでした。諦めず最後まで前向きに取り組み続けることで着実に強くなってます。残すところあと1日です。疲労もあると思いますが、気持ちで負けず、やりきろう!

 

県新人1日目結果(陸上競技部)

 9月18日(土)~20日(月)の3日間、砥部の愛媛県総合運動公園陸上競技場にて県新人大会が行われました。結果は以下の通りです。(TOP8のみ記載)
 2-1 水谷 健太 ハンマー投 37m53 2位(四国新人出場)
 1-2 菅原 康汰 ハンマー投 36m07 3位(四国新人出場)

 2-4 大森 孔聖 ハンマー投 28m90  7位
 1-1 笛木 桜十一 5000mW 37′32″58 3位(四国新人出場)
 2-4 山川 舜平 110mH 16″62 5位

 初日の結果は素晴らしいものとなりました。ほぼ全員が自己ベスト更新し、練習の成果を十分に発揮してくれました。本日は逆境を跳ね返したり、粘りで勝ち切る場面が多くあり、生徒らの精神的な成長を感じることができました。この流れで明日以降も頑張ろう!

総合的な探究学習の校外活動

本日の総合的な探究学習の時間に農林分野の班は、原田果樹園を訪問して、キウイフルーツの栽培を見学しました。

梅雨明けの干ばつで葉が落ちて心配な点もありましたが、果実はしっかりと成長していました。

キウイの生命力と原田さんの栽培技術の高さに感心しました。

 

 

旧生徒会役員が校長室を訪問

昨年度から生徒会役員として南宇和高校に貢献してくれた旧生徒会役員の皆さんが校長室を訪問し、石崎校長先生に感謝の気持ちを伝えました。

石崎校長先生からは、「コロナ禍の厳しい条件の中で、生徒会の皆さんが中心となって、この南宇和高校を支えてくれたことに感謝しています。ありがとうございました。」と感謝の言葉が贈られました。

 

 

 

野球部、秋季大会地区予選1回戦で宇和島東高校と対戦

9月11日(土)に秋季大会地区予選1回戦が丸山球場で行われました。宇和島東高校と対戦しましたが、序盤の失点が大きく、2-9の7回コールドで敗れました。力の差を痛感しましたが、自分たちが持っている力を出し切ることができました。次の大会までにしっかり鍛えて、レベルアップを図りたいと思います。

モザンビーク選手団交流会 農業科 

 

東京パラリンピックに出場されたモザンビーク選手団の方々と交流会を開くことができました。

今回交流できたのは、ルイス団長さん、陸上のエドミルサさん、イラーリオさんの3名です。

エドミルサさんとは、2019年も交流しており、前回の交流会の話や、おもてなし料理プロジェクトで考えた

愛南ゴールド真鯛のお寿司やしゃぶしゃぶの紹介をしながら楽しい時間を過ごすことができました。

このような機会を作っていただいた愛媛県オリパラ推進室の皆様、本当にありがとうございました。

  

 

 

生徒会日記「南高ぶらぶら探訪」-体育祭編 勝利をつかむために!~立て看板の作成~

体育祭お疲れ様でした!コロナウィルスの影響で、できることが限られていた体育祭でしたが、どのグループも精一杯力をぶつけ合い、学校を盛り上げていました。3年生の皆さんも、高校生活最後の体育祭を楽しめたのではないでしょうか?

生徒会執行部の体育祭インタビューで、最後に紹介するのは、3つのグループを象徴する力強い立て看板です。生徒会執行部では、立て看板が完成する前の修正をしているところにお邪魔させていただきました。

 

◎鳳凰グループ

Q、活動の雰囲気を教えて下さい。

Aみんな仲良く、良い雰囲気で活動をしています。

Q、力を入れていることを教えて下さい。

A、色の選びや配置です。

Q、ここだけの話を教えて下さい。

A、体育館に運ぶときに、立て看板1枚割ってしまいました…

 

 

◎光虎グループ

Q、意気込みを教えて下さい。

A、楽しく作れたので、優勝したいです!

 (実際に光虎グループが優勝しました。)

Q、力を入れていることを教えて下さい。

A、光虎らしいパネルにするため、虎を全面に描いています。

 

 

 

◎蒼龍グループ

Q、活動の雰囲気を教えて下さい。

A、1、2年生も意見を出して、活動しています。

Q、こだわりを教えて下さい。

A、「画竜点睛」の文字通り、あえて竜の目を描かずに仕上げています。

 

 

体育祭が終わったばかりですが、10月には中間考査があります。生徒のみなさんは、今のうちから前もって学習を進めておくようにしましょう。

勉強に 部活動に 気力を!