南光ブログ

愛南町水産人材育成事業(1年生総合的な探究の時間)

本日の1年生の総合的な探究の時間に、愛南町役場から水産課職員の方をお招きし、愛南町水産育成事業を実施しました。

内容は真鯛の養殖に関することでした。愛媛県は養殖真鯛の生産量は30年連続全国1位となっており、その愛媛県の生産量のうち、愛南町は約3分の1を占めているとのことです。また、養殖の過程では、愛媛大学と連携協力体制を確立したり、産官学連携による養殖支援システムを導入したりして、更に質の高い養殖真鯛を生産しているとのことでした。

身近なことのようですが、なかなか知る機会のない内容を丁寧に、長田水産課長様が説明してくれました。

本校生も地域に対する理解を深め、将来的に愛南町の発展に貢献できるよう頑張ります。

本日は、愛南町水産課の皆様、ありがとうございました。