本校ブロック塀の危険箇所について

 6月に発生した大阪府北部を震源とする地震により、府内小学校のブロック塀が倒壊し、その塀に挟まれた児童が亡くなるという事故が発生したことを受け、校内ブロック塀の危険個所を調査したところ、本校においても別紙図①から⑫.pdfの設置場所において、構造上危険性があることが判明しました。これらの箇所については、現在、注意喚起のための掲示を行っておりますが、県の予算措置がありしだい随時改修することとしております。保護者の皆様、近隣の皆様にはご心配をおかけいたしますが、御理解のほどよろしくお願い申し上げます。