南光ブログ

未来を構想する~天才科学者に作ってほしいモノ~(3年3組ホームルーム活動)

 本日の3年3組のホームルーム活動は、「未来を構想する~天才科学者に作ってほしいモノ~」という主題で、浅野先生が研究授業を実施しました。「問題を探し未来を構想する力」を生徒たちに育成すべく、現代社会の様々な場面において、必要とされるモノを、班で協働して考え、プレゼンにまとめ発表するといった流れでした。

 受験を間近に控えた生徒にとっては、タイムリーなテーマであり、また、プレゼン、意見交換、評価などについても受験を意識した効果的なものとなりました。

 時代を先読みし、「どのように社会・世界に関わりよりよい人生を送るか」ということ常に考え高校生活をまとめていきましょう。生徒が生き生きと活動し、生徒主体のすばらしいホームルーム活動でした。

 

表彰伝達

本日の全校集会では、県新人大会関係を中心とする表彰伝達を行いました。表彰対象は以下のとおりです。

これからまだ多くの部活動で大会を控えていますが、各部の設定した目標が達成できるよう頑張りましょう。

【表彰】

〇県新人大会(陸上競技) 男子三段跳 2位 秋場瑚百

〇県新人大会南予地区予選(ソフトテニス)

 女子個人 優勝 中山桃花・松本偲央里ペア 

 女子団体 3位

 男子個人 2位 毛利千洋・平田佑成ペア

 男子個人 3位 宮本悠斗・松家椋太ペア

 男子団体 2位

〇農業クラブ 激励状

  

地域教育研修会 田村菓子舗(みっちゃん大福)

 地域振興研究部の生徒9名が、愛南町役場で開催された地域教育研修会に参加しました。

今回は、三崎町の田村菓子舗・田村義孝様の「地域活性化の取組 ~みっちゃん大福に込めた想い~」講和を聞き、地域活性化に関する勉強しました。高校生の感性で考えたものを形にすることで、地域との連携を強化し、地域で暮らしていく仕組みを学ぶことができると分かりました。本校の今後の取組に生かしていきたいと思います。

愛南町水産人材育成事業(1年生総合的な探究の時間)

本日の1年生の総合的な探究の時間に、愛南町役場から水産課職員の方をお招きし、愛南町水産育成事業を実施しました。

内容は真鯛の養殖に関することでした。愛媛県は養殖真鯛の生産量は30年連続全国1位となっており、その愛媛県の生産量のうち、愛南町は約3分の1を占めているとのことです。また、養殖の過程では、愛媛大学と連携協力体制を確立したり、産官学連携による養殖支援システムを導入したりして、更に質の高い養殖真鯛を生産しているとのことでした。

身近なことのようですが、なかなか知る機会のない内容を丁寧に、長田水産課長様が説明してくれました。

本校生も地域に対する理解を深め、将来的に愛南町の発展に貢献できるよう頑張ります。

本日は、愛南町水産課の皆様、ありがとうございました。