カテゴリ:農業クラブ

東京都内他の高島屋販売イベント打合せ 農業科

 3月13日(水)愛南町役場において、東京都内他の高島屋で開催される愛南町フェアの最終打合せに参加しました。今回のイベントテ-マは、認証取得で未来につなぐ 愛媛県愛南町 水産物・農産物フェアです。愛南漁協のエコラベルと南宇和高校農業科が取得しているグロ-バルGAP認証を全面に出しての販売になります。今回の水産物と農産物のダブル認証のイベントは、単一自治体では、日本初の実施ということで参加生徒も力が入っています。また、販売当日は、宇和島水産高校のフィッシュガ-ルともコラボし、お互いの活動を盛り上げる予定です。都内におられる方にも紹介いただければありがたいです。

 開催日 3月23日(土)高島屋横浜店 10:00~17:00

       3月24日(日)高島屋玉川店   10:00~16:00

 販売物 南宇和高校産・・愛南ゴ-ルド

      愛南漁協・・・・・・・マダイ シマアジ サツキマス スマ 養殖クロマグロ

GLOBALG.A.P.認証公開審査(更新審査)

昨年度に引き続き、GLOBALG.A.P.の認証取得の継続を目指し、審査会が行われました。

2年生の果樹専攻班が中心となり、審査員からのするどい質問に回答していきました。

朝早くから夕方まで集中力を切らさず非常に頑張っている姿が見られました。

 

GLOBALG.A.P.は、農業高校のかんきつ分野では初めての取得と言うことで昨年から多くのメディアに取り上げていただきました。

3月末には、本校で栽培している河内晩柑を東京で販売することになっていますので、高品質で安心・安全なかんきつ栽培を目指して、これからも励んでいきたいと思います。

 

農業科取材 (河内晩柑)JAバンクえひめ提供

2月20日(水)、本校農業科が栽培している河内晩柑について南海放送から取材を受けました。GAP認証、栽培方法、今後の方向などを紹介しました。3月下旬には、東京都内のタカシマヤでの販売促進活動も予定されています。今後の活動に期待してください。 放送予定日は3/23になっております。

スポンサ-であるJAバンクえひめさん、本当にありがとうございました。

えひめフラワーフェスティバル2019 「農業高校フラワーアレンジ対決!」 第3位入賞!

 2月16日(土)、いよてつ髙島屋で行われた、えひめフラワーフェスティバルでの「愛媛県農業高校フラワーアレンジ対決!」に2年1組の山岡さん、山下さんが出場しました。多くの観客の前でアレンジを行うのは初めての経験でとても緊張しましたが、制限時間内に納得のいく作品を作ることができました。結果は3位の愛媛中央花き商業協同組合理事長賞を受賞しました!本校ではフラワーアレンジメントを学習する機会が少ないため、限られた時間で練習してきましたが、すばらしい成績を収めることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2回愛媛県農業クラブ顧問・委員会

 2月13日に大洲農業高校で行われた第2回農業クラブ顧問・委員会に、来年度の本校農業クラブ会長橋本弦くんが出席しました。この会では、来年度の新農業クラブ会長が集まり、来年度に向けた行事の確認や、農業クラブの今後の課題について話し合います。新農業クラブ会長として、来年度もクラブ員がいろんなところで活躍できるよう、頑張っていきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農業科2年生 甘夏選果作業

   

 1月に収穫した甘夏を2L、L、Mなどのサイズに選果しているところです。専攻生中心に、傷や腐敗などがないか瞬時に見分けて

います。選果後は、サイズごとに貯蔵専用の袋に入れ、保管します。今年度の甘夏にも期待してください。

第2回農業クラブ各種発表校内大会

12月6日(木)3・4時間目の時間に、農業科の生徒が一年間の取組を発表する大会が行われました。

意見発表の部、プロジェクト発表の部ともに、1年間の取り組みの成果が出ていたと思います。

校内代表になった生徒は、1月に大洲で行われる県大会に出場します。

今日の平山農場果樹園

 現在の平山農場果樹園の様子です。写真は、甘夏。果皮も緑から全体黄色になりつつあります。今年も、安心・安全な生産方法、管理で栽培しています。

11/15 日本農業遺産 巡回展 南海放送ラジオ 生放送出演

 

11月15日(木)農業科2年生の上原竜斗くんと久保田晃矢くんが南海放送ラジオに生出演しました。愛媛県が目指している日本農業遺産認定の一環で実施されているパネル展で、本校農業科が4月に取得しているグロ-バルGAPについて取材を受けました。生放送でしたが、取得までの苦労、今後の展開など落ち着いて答えていました。今後の活躍が期待されます。     

平成30年度新規就農候補者研修会(株式会社アトリウム)

 11月1日(木)、今年度の新規就農候補者研修会を八幡浜市で実施し、農業科2年生が参加しました。株式会社アトリウム代表取締役である國分美由紀様から会社概要、マ-マレ-ドの製造方法、商品作り、デザインのこだわりについて教えていただき、今後の加工品開発のヒントとなる一日となりました。講演いただいた國分様、本当にありがとうございました。

     

愛南まるゴチ秋の味覚祭(農業科)

 10月14日(日)株式会社レクザム愛南工場にて「愛南まるゴチ秋の味覚祭」が開催され、農業科2年生2名、1年生2名が参加し、愛南ゴ-ルドマ-マレ-ド、イチゴジャム、花苗などを販売しました。同じ会場で愛南まるゴチリレ-マラソンもあり県内外から多くの方が参加されていて、私達が作ったものを町内外の方にPRすることができました。

愛南農業者フォ-ラム

10月10日(水)、愛南農業者フォ-ラムが御荘文化センタ-で開催され、農業科2年上原竜斗君、久保田晃矢君の2名が、「グロ-バルGAP認証取得の取組」と題して、農業関係者の方々に発表しました。認証取得までの苦労や課題、今後の目標など日頃の活動を落ち着いて話すことができました。3学期には、更新審査がありますので、しっかり準備していこうと思います。

 

篠山小・中学校との交流会 収穫祭

 10月4日(木)篠山小・中学校の収穫祭に招待され農業科2年生が参加しました。中学生と餅つき、小学生の歌、レクリエ-ション、小学生からの肩たたき、会食など楽しい時間となりました。小・中学生と一緒に育てたお米で作った押し寿司、お餅はとっても美味しかったです。これからもずっとずっと続けていきたい交流です。

 

 

 

パンジ-・ビオラの種まき(農業科)

    

 農業科2年生の総合実習の時間でパンジ-、ビオラの種をまきました。種の大きさは、約1mm。細かい作業なのでみんな苦労しながらの実習となりました。文化祭等に販売しますのでよろしくお願いします。

オレンジロ-ド お接待木

日頃、農業科が管理しているオレンジロ-ドのお接待木の果実もここまで大きくなりました。写真は、愛南ゴ-ルドです。その他に甘夏もあり、今年もお遍路さんに喜んでもらえるようにしていきたいです。

 

長月保育園との農業交流会(稲刈り)

 長月保育園の園児と農業科3年生が稲刈りの農業交流会を実施しました。春、一緒に田植えをし、高校生が、ここまで日頃の管理をしてきました。安全な鎌の使い方を高校生が園児に教え、楽しい稲刈り体験になりました。

地域産業スペシャリスト育成事業

7月24日(火)地域産業スペシャリスト育成事業

農業生産法人(株)ミヤモトオレンジガーデン代表取締役 宮本 泰邦さんを招き、

GLOBAL G.A.Pについての学習会を行いました。本校からは2年生の果樹専攻生が参加し、

北宇和高校からの生徒5名が参加しました。

昨年度、GLOBAL G.A.P認証を取得した南宇和高校、川之石高校だけでなく、今年度は、丹原高校、伊予農業高校も認証取得に取り組むほか、県内の多くの学校がGAP教育に乗り出します。

本校はGAPモデル校として、今後もGAP教育を推進していきます。

農業クラブ各種発表校内大会

 7月5日の3・4時間目に、農業科で各種発表校内大会が行われました。

 各学年の代表生徒による意見発表6本と、各専攻班によるプロジェクト発表3本が行われました。意見発表では、農業を通して学んだことや、将来の夢について、みんなの前で堂々と発表していました。プロジェクト発表では、各専攻班で研究している内容をパワーポイントでプレゼンしました。この発表会の結果、意見発表では、1年の田中さん、プロジェクト発表では加工班と果樹班が25・26日に大洲で行われる県大会に出場することになりました。

 

 

 

 

 

 

 

  

GLOBALG.A.Pの取組が評価されました。

一般社団法人GAP普及推進機構の専務理事と事務局長の方が来校されました。昨年度認証を受けたGLOBALG.A.Pについて、生徒たちが苦労した点ややって良かった点などをお伝えしました。全国の農業高校でもまだ10校ほどしか取得していないため、非常に注目が集まっています。今後も安全・安心な河内晩柑、甘夏が生産できるように頑張っていきます。

 

家畜審査競技県大会

 6月7日(木)に愛媛県農林水産研究所 畜産研究センターで行われた家畜審査競技県大会に,農業科2年の橋本君,上原君,尾本君,坂本君が参加しました。あと一歩のところで入賞を逃しましたがとても勉強になった一日でした。

 

ぎゅぎゅっと愛南!夏の陣~海と山を喰らう~

 5月27日(日)に愛南漁業協同組合御荘支所で行われた,「ぎゅぎゅっと愛南!夏の陣~海と山を喰らう~」に農業科・地域振興研究部の生徒が参加しました。天候にも恵まれ,たくさんの方が県内外から訪れていました。

 農業科の生徒は,本校で作った加工品、花苗の販売、愛南ゴールドで作ったシロップを使用したかき氷を販売しました。気温が高かったため,かき氷は予想以上に売れ行きがよかったです。加工品もほぼ完売しました。

 3年生の田中さん・木下さん,1年生の田中さんは,ぎゅぎゅっと当てよう「愛南ゴールド〇×クイズ」を,イベントMCの井坂彰さんと行いました。たくさんの方が参加してくださり,しっかり愛南ゴールドのPRをしていました。

 地域振興研究部の生徒は,ボランティアで参加しました。会場の至る所で本校生徒の姿を見ることができました。暑い中でしたが,笑顔でお客さんの対応をしている姿は,とても気持ち良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フラワーデザイン競技県大会 in エミフルMASAKI

 5月25日(金)にエミフルMASAKIで行われた,フラワーデザイン競技県大会に,農業科3年市村さん・濱野さん 2年山岡さん・山下さんが参加しました。県内の農業科を有する学校から個人26名,グループ9組が参加して,日頃の学習の成果を競い合いました。

 一般のお客さんも観覧する中,制限時間1時間で全員が同じ花材を思い思いにアレンジしていきます。作り手の思いや表現方法がさまざまで,ダイナミックな作品や個性的な作品ができあがっていました。本校の市村・濱野ペアは,団体で4位と惜しくも表彰を逃しましたが,基本に忠実に作られ2人の性格がよく現れた作品でした。花材や道具の使い方など,これからもしっかり学んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひまわりの絆プロジェクト植栽式

 5月21日(月)に,愛南町立あいなん幼稚園で行われた,「ひまわりの絆プロジェクト植栽式」に,農業クラブ役員が参加しました。

このプロジェクトは,平成26年から「命の大切さ,交通事故防止を京都から全国に」をスローガンに京都府警察が取り組んでいるもので,平成23年に交通事故で亡くなった当時4歳のはるとくんが,生前に大切に育てていたひまわりの種を遺族から警察官が譲り受け,京都府亀岡警察署の花壇に植え付けたところ,大輪を咲かせたことから,全国でそのひまわりを咲かせ,命の大切さと交通死亡事故根絶への願いを広めようというものです。

「なーしくん」と「まもるくん」も訪れ,幼稚園児と一緒にひまわりの種を植え,交通安全を願いました。

フラワーデザイン競技学習会

 5月19日(土)に,伊予農業高校で行われたフラワーデザイン競技学習会に,農業科3年市村さん,濱野さん,2年山岡さん,山下さんが参加しました。

県大会(5月25日(金)エミフルMASAKI)直前の学習会とあって,4人とも真剣に取り組んでいました。他校の独創的な作品からヒントを得たり,2人で相談しながらデザインを考えたりと,集中して取り組んでいました。講師の先生からもアドバイスをいただき,イメージを膨らませていました。

県大会でいい成績を残せるよう,これからも学習に取り組んでいきたいと思います。

平成30年度第1回農業クラブ顧問・委員会参加

 5月9日(水)に,大洲農業高校で行われた第1回農業クラブ顧問・委員会に参加しました。

本校の農業クラブ会長3年水谷くんが,本校の代表として参加しました。本年度の各種大会の抽選会や,農業クラブのスローガンの決定,各学校の活動紹介を行いました。午後からは,他校の農業クラブの会長さんと一緒にピザを作る実習を行い,交流を深めました。

 

 

GLOBALG.A.P認証取得

昨年度3月19日にGLOBALG.A.Pの公開審査を受け、4月17日に認証取得ができました。

 

本日は「日本農業新聞」「愛媛新聞」「ケーブルテレビ」「愛南町広報」と多くのメディアに取材していただきました。

生徒たちは緊張した様子で取材に応じていましたが、取得に際して苦労したことや取得して良かったことなどを答えていました。

 

南宇和高校農業科では、これからも安心・安全な農作物の生産をしていきます。

グローバルGAP認証公開審査

<グローバルGAP認証公開審査>

 3月19日(月)御荘文化センターおよび本校平山農場でグローバルGAP認証審査会が行われ
ました。この日のために、農業科生徒が一丸となり準備を進めてきました。審査終了後、審査員か
ら講評をいただき、審査で示された是正すべき点を改善し、認証取得に繋げていこうと思います。

全国高校生パンコンテストへ出場しました

<全国高校生パンコンテストへ出場>



 1月中旬に全国高校生パンコンテストが静岡県伊豆の国市で開催され、農業科3年生が出場しま
した。本校は3年連続の出場となります。機械を使用せず、手でパンを製造していく「手仕込み部
門」に出場し、日頃の練習の成果を発揮することができました。残念ながら、入賞することはでき
ませんでしたが、パンの知識や基礎基本が学ぶことができました。