カテゴリ:学校生活

1月16日 総合学習の時間(先輩からのアドバイス)

本日の総合学習の時間では、1年生と2年生の座談会が行われました。

2年生が自身の経験に基づいて勉強や学習についてアドバイスを行い、1年生は来年度に向けていろいろな質問をしました。1年生・2年生どちらにとっても、普段の学校生活を見直して、将来を見据えるための貴重な時間となりました。

 

 

 

1月10日 海外研修 帰国報告

1月10日(木)、海外研修参加生徒が愛南町役場を訪問し、町長、副町長、教育長に帰国の挨拶を行いました。

無事に研修を終えたことを報告するとともに、一人ずつ、学んだことや印象に残っていること等を発表しました。

2月には、研修報告会を予定しています。

研修の成果をしっかり発表できるよう、準備を進めていきます。

1/8 第3学期始業式

本日より、第3学期が始まりました。始業式では校長先生から、今年が「己亥(きがい)」の年であることから関連する話をしていただき、第3学期が実りあるものとなるよう激励をしていただきました。(※学校紹介の欄より、校長先生の挨拶文はいつでも閲覧できますので、ご一読ください) 校長先生のお話しの後は校歌斉唱、続いて表彰伝達、各課の先生方からのお話がありました。

今年度も残りの3か月間です。体調にも気を付けながら頑張っていきましょう。

愛南町水産人材育成事業 第4回

今年度最後となる愛南町水産人材育成事業「世界の水産業について」を実施しました。

今回は愛媛大学から3人の留学生に来て頂き、各国の様子や、大学での研究内容を学びました。全て英語で講義が行われ、大変有意義な事業となりました。

 

バンクーバーに到着しました。

長いフライトを終え、無事バンクーバー市内に入ることが出来ました。

 

 

空港を出たらバンクーバー市内をバス移動で周遊。

 

初日は生憎の雨模様となり、街の景色は霞みがかった様子でした。

 

 

 

こちらは、イッテQで出川哲朗氏も訪れた、ギャスタウンの有名な蒸気時計です。

 

一通り市内を回ったとこで、初日の韓国料理店で夕食を食べてから無事にホテルへのチェックインを済ませました。

 

明日は学校交流、自主研修といよいよホームステイの始まりです。

 

時差ボケに負けずに頑張りたいと思います。

12/13 クラスマッチ

本日は晴天にも恵まれ、クラスマッチを開催することができました。

サッカー、バスケットボール、バドミントン、卓球の4種目に分かれ、それぞれの場所で一生懸命競技に取り組む生徒の姿を見ることができました。とても白熱した試合をする中で、クラス同士や学年間の親睦を深め、今後の学校生活に向けてよい活力剤となったことと思います。

 

カナダ研修に向けて移動中です。

本日よりカナダ研修へ出発します8名は無事に松山空港に到着しました。

 

現在羽田空港行き飛行機の搭乗待ちです。

 

このあと羽田空港に着いたらバンクーバー行きの飛行機へと乗り継ぎます。

 

カナダへのフライトは羽田空港から22:00を予定しております。

 

引き続き、安全に留意しながら旅を続けていきます。

 

 

愛南町長表敬訪問~海外研修出発前~

本日、海外研修参加生徒が愛南町長へ表敬訪問を行いました。

一人ずつ、研修の抱負として、事前研修を通して感じたことや、カナダで学んできたいことについて発表しました。

清水町長からは、何より無事に帰ってくるようにと温かいお声掛けをいただきました。

いよいよ出発が目前に迫ってきました。万全の準備を整えて研修に臨みたいと思います。

 

語学研修第6回目(最終回)~カナダ研修に向けて~

カナダ研修(12/13~21)参加生徒の語学研修を行いました。

空港での入国審査のシミュレーションや、ホームステイ先での様々なシーンを想定した活動を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

実際に外国のジュースを飲んで、食事の時に自分の意見を伝える練習も行いました。 

出発を来週に控え、語学研修も本日で最終回となりました。

お世話になったアーロン先生より、最後に「失敗も含めて、大いに楽しんできてください!!」とのエールをいただきました。

これまで積み重ねてきた研修を十分に生かして、充実した海外研修にしたいと思います。

11/29 タイ支援物資手渡し

11月10日の文化祭でビジネス部がお願いしたタイ支援物資(タイ北部山岳民族支援活動)に御協力いただきありがとうございました。今年も生徒、保護者、教職員の皆様から子供服、おもちゃ、ぬいぐるみ等320点もの多くの温かい支援をいただきました。心より感謝致します。

11月29日に、校長室にて企業の所長さんに支援物資を手渡し、夢と希望を託しました。